• ホーム
  • アメリカで販売されている避妊薬

アメリカで販売されている避妊薬

2019年06月28日
笑顔の女性

日本よりも健康食品業界による新製品の開発が盛んなアメリカにおいて、女性の尊厳を守るため、または多用な生き方を実現するために用いられているのが避妊薬です。
アメリカではカトリックなどの宗教を進行する人が多く、人工中絶を否定的に捕らえている人も多いため、避妊薬を日ごろから使用して人工中絶や望まない妊娠、出産を避けることが出来るのです。
アメリカで販売されている避妊薬といえばピルが代表格でしょう。

現在の主流は低用量ピルと呼ばれる避妊薬で、一般的なドラッグストアで販売されているのではなく、病院を受診して医師の処方箋が必要になります。
低用量ピルは毎日定められた量を継続して飲むことによって、体のホルモンバランスを作用させて自然妊娠が非常に難しい体に導くことが出来るのです。
また、2013年にはドラッグストアで医師の処方箋なしで購入できる緊急避妊薬も販売されるようになり、コンドームを使った避妊に失敗した場合、避妊をしないで性交渉を行った場合、レイプの被害にあった場合など、様々な事態に避妊薬を活用することが出来るでしょう。
このような緊急避妊薬を購入できるのは15歳以上に定められており、性交渉後72時間以内に利用しないと効果が期待できないという注意点もあります。
そのため万が一の事態が起こった場合には速やかにドラッグストアなどの販売店へ足を運び入手しましょう。

服用の際は、副作用があるということも注意して利用する事が大切です。
また、用法用量を守って正しく使用する事も体の健康を守るために必要です。

避妊薬の利用は妊娠を予防出来ても、性病の感染予防にはならないため、不特定多数の人と性交渉を持つ人や性病の感染が懸念される時はコンドームとの併用がおすすめです。